トップ  >  五十嵐公太

Kohta Igarashi

五十嵐 公太(いがらしこうた)

伝説のロックバンド「JUDY AND MARY」のドラマーとして活動。大ヒット曲「散歩道」,「あたしを見つけて」などを作曲。 テクニックに裏打ちされた歌心のあるドラムには定評があり、熱狂的な信奉者も多い。

バンド解散後は、水樹奈々、大塚愛、デーモン閣下、大槻ケンヂ、KinkiKidsほか、数多くのレコーディングやツアーに参加。

現在は、外道の加納秀人らと結成したATOMIC POODLEや辻仁成 率いるZAMZAのメンバーとして海外公演なども行う。 09'には「全日本人ドラマー化計画」の名の基に観客参加型打楽器ライブ・アトラクション「ドラミングハイ! 」スタート。

 


 


 

 

 

"JUDY AND MARY"、"naja"を経て、作曲、プロデュースも手がけるアーティストとして成長を続ける、ドラマー五十嵐 公太さん。弟の紹介で、幸運にもライブイベントのリハーサル中に、お会いすることができました。

写真からも感じられると思いますが、とてもやさしい雰囲気でしょ? はい、もう見た感じそのままです。プロ独特のオーラが出ちゃってました。身長175cm 58Kgという高スペックで、手足が長いのでございます。うらやましい。

オフィシャルサイト http://www.kohtaigarashi.com

  うーん、何回見ても惚れ惚れするセットアップ。プロには個性があり、かつ機能的で美しい。自分のセットアップと比べると、その違いは歴然。順番に並べてみましたーみたいな感じ・・・。トホホ。
 

生ドラム+V-Drumsと聞いていたのだが、サブ的なアプローチではなく、積極的に取り入れているセットだ。V-Drumsは、タムX4、VシンバルX2、VハイハットX1、キックX1という構成。

  ラックは、使い勝手の良さからパールのラックに変更。V-Drumsのケーブルもきれいにまとめられていす。ほんと目立たない。サブキックにKD-120。
  流れるようなタムのライン。 このアングルからだとシンバルの高さのバランスも良く分かる。Vシンバルはライド的なセッティング。
 

フォーラムにもいち早く質問が出ましたが、タムホルダーはラックに合わせて、パール製にカスタマイズされています。

カラーリングもステージ栄えを考えて、ホワイトマリンパールに巻きなおし。高級感がグッと出ているなー。V-Drumsもカラーリング増えるといいのに。

公太さんはやるべきことを普通にやっているだけだな。ステージを考えれば自然な流れです。

 

左手側のセットアップ

Vハイハットをリモートでサブハイハットとしてセットしている。基本のビートは生でしっかりキメて、オカズにV-Drumsという使い方は、プロの世界でのV-Drumsの実力を物語っているようにも思える。

 
 

足元は、左からリモートHH、HH、ツインペダル、ツインペダル(左利き用)。 キックは、メインに生、サブにV-Drums。

  マイキングは、シェルに専用のホールを空けている。そうか、 これがインサイドの進化形なんだな。私は始めて見ました。
  スネアは、カスタム。うーん黒がつぶれちゃってるので分かりにくいけど、マットブラック。しぶい。
  10年以上愛用している、ドラムシューズはadidas。
 

   
 
   
2005年11月27日 芝浦スタジオ

 

五十嵐公太ソロDVD 「ONE*NESS」 one in body and spirit

最新インタビューと未公開シーンを収録したPVをお届けします。 TAKUYAさんの華麗な別テイクソロは必見!

 

DRUMMER JAPAN 代表 横井 仁が映像監督をした、新しいジャンルのドラマーソロDVD。自信を持っておすすめします。
SHOPへ



元JUDY AND MARYのドラマー、五十嵐公太が「融合」をテーマにドラムセッションDVDを制作!盟友TAKUYAとのスタジオセッションや、仁井山☆征弘とのストリートセッション、本人と親交の深い名だたるドラマー26人との対談も収録!
五十嵐公太自身が総指揮を取り、制作に1年半を費やした超豪華盤2枚組DVD!

 

 

 

 

 

 

 

 

<DISC-1>
・SESSION with favorite artist

├TAKUYA (ROBOTS) "ナンバーナイン"
├Tag "LIFE"
├EDo-REPORT "Carnival"
└仁井山☆征弘 "On The Street Corner"
・Solo Live [a circle] "5170"
・Drum Solo "2007のイガラシコウタ"
・11通りのドラムパターン
・SPECIAL
TALK SESSION
├恩田快人
└TAKUYA (ROBOTS)

<DISC-2>
・DRUMMERS TALK SESSION

89分+103分 (2枚組)

 

プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
ドラマー
次
猪俣 猛

コメント一覧

投稿ツリー


atsu4  投稿日時 2009/6/11 9:59
昔からメッチャ好きです☆これからもがんばって下さい☆
METALIKKI  投稿日時 2008/12/11 0:43
惚れました。完全に

圧巻でした。
HIKARU  投稿日時 2008/5/27 13:31
JAM時代からずっと公太さんのファンです。
自分は今JAMのコピーバンドでドラムとパーカスを担当していて、いつも公太さんが叩く音色を聴いて勉強しています(笑)。
自分も公太さんみたいな素晴らしいドラマーになりたいです。
green  投稿日時 2007/11/10 14:46
ジュディマリの頃に始めて五十嵐さんのドラムを聞きました。その頃からドラムの音ばかりが気になってよく聞いていました。ポップス系なのにやたらとドラムのレベルがたかいなぁと思ってましたーー。応援してますのでこれからもすばらしいドラムテクを!!


Favorite Drummer

五十嵐公太猪俣 猛臼井かつみ太田 明kaede川口千里小関純匡工藤義弘小林香織JOE齋藤たかし酒井 麿SATOKOファンキー末吉菅沼孝三仙道さおりそうる透高橋まこと平陸つのだ☆ひろ角田美喜TO-BUToshi NagaiNANA-A長谷川浩二樋口宗孝ZAK BOND本間大嗣湊 雅史MASAKingMarcoMinnemann宮永英一宮脇JOE知史向山テツStanton Moore スタントン・ムーア茂木欣一村石雅行村上"ポンタ"秀一山本直樹山背 弘山崎 彰横井 仁 JIN YOKOILEVIN

ログイン
ユーザー名: パスワード:

パスワード紛失