スタッフブログ - 201703のエントリ

筋肉少女帯さんの「猫のテブクロ」完全再現+11ツアーを
拝見させていただきました。


87年に発表された3rd.album「猫のテブクロ」を
新旧曲の間に挟んでアルバム収録順に完全再現!というもの。
いや!!!感無量です。よく聴いたもの。聴きまくったもの。
日程が発表されてからずっと楽しみにしてました。

よくよく計算してみるとと……フムフム。
かれこれ……28年前……ということは、22~23歳のみなさんが、
こんなにカッコイイアルバムを作ってたってゴイスだぜ!
もちろんサポートドラマー・長谷川浩二さんもTHE ALFEEで
ブイブイ言わせてたわけで、今の自分よりだいぶお若いと
考えるとやっぱり選ばれし人たちなのです。神ッ!

[SETLIST]@恵比寿・LIQUID ROOM
OPSE:タチムカウ
01.イワンのばか
02.カーネーション・リインカネーション
03.みんなの歌
04.吉原炎上
05.俺の罪(橘高&本城vo.)
06.星と黒猫(inst.)
07.これでいいのだ
08.日本印度化計画
09.星と夜のボート
10.Picnic at fire moutain
11.Go!Go!Go! Hiking Bus
12.最期の遠足
13.月とテブクロ
14.週替わりの奇跡の神話
15.くるくる少女
16.釈迦
17.愛の讃歌
(encore)
18.詩人オウムの世界
19.サンフランシスコ

大槻さん「長谷川さんが大変だけど、僕はそうでもない……。
長谷川さんどうもありがとう!!!」
というトップスピード2曲で始まったこの日。
怒涛の高速曲がザザっと当たり前のように並んだセットリストにビックリ!

「日本印度化計画」で、いつも通りガスガス高速ツーバス(kozy節)を
踏み込んでしまったあとに、「はっw|;゚ロ゚|w、完全再現だった……」と
気づかれたのか、ちょっとだけ「(。・ω・。)てへぺろ」って
表情をされてたんですが……。むしろありがたかったです。

猫テは、大槻さんのセリフパートやサイレンなんかもしっかり
おさえていただいて、ちょっぴり涙が(/_;)。
(再結成当時、「これでいいのだ」でサイレンを鳴らさなくなってしまったのには
少し違和感あったりしたけど、いつの間にか慣れていました。)

「月とテブクロ」は、とくにリズムやテンポがころころ変わる曲。
ついドラムに見入ってしまいました(あ、いつもか)。


[SETLIST]@赤坂BLITZ
OPSE:混ぜるな危険
01.サンフランシスコ
02.カーネーション・リインカネーション
03.みんなの歌
04.踊るダメ人間
05.俺の罪(橘高&本城vo.)
06.星と黒猫(inst.)
07.これでいいのだ
08.日本印度化計画
09.星と夜のボート
10.Picnic at fire moutain
11.Go!Go!Go! Hiking Bus
12.最期の遠足
13.月とテブクロ
14.くるくる少女
15.週替わりの奇跡の神話
16.釈迦
(encore)
17.愛の讃歌
18.リルカの葬列
19.イワンのばか

この日は大槻さんからメンバーへ「『猫のテブクロ』が発売された頃、
2017年は何をしていると思った?」との問いに、
手元にマイクがなかった長谷川さんはドラムで表現することに。
常日頃「そろそろ(メタルはやめて)ジャズドラマーに転向し……」と
おっしゃっているように、案の定、ジャズのフレーズを叩いて、
大槻さんに「わかった!わかった!」と
言われてましたが、そうは問屋がおろさない!!!

この日はときおり、鬼の形相で暴れまくる長谷川さんに
ドキドキしましたが、お話を伺って納得。
とくに赤坂BLITZラストの「イワンのばか」に圧倒されて、
グッと来てしまいました。
でもなぁタイトルに説得力が……(*_*;

と。ラストにはフーミンが久々にマーシャルをぶっ倒してて、
いつまでもそんな人でいてほしい!って思いました。
嗚呼、麗しの24歳。

毎年高齢……じゃなくて、恒例のギタリスト・是方博邦さんのバースデーライブ!
の一つ、是ちゃん+ACEちゃん(ROCK UNIT+ACE)へ。

バースデーってことで、ACEさんからあらゆるサプリメントのプレゼント。
もうないだろう……というタイミングで小出しにするあたり、
さすが長官!

【SETLIST】
 (1st.set)

01. マンモス
02. Blue Mirage
03. Good Times,Good Things
04. 風の向こうへ
05. Rain Heart
06. 流星雨
(2nd.set)
07. 月華抄
08. QUARTER GIRL
09. 街の灯
10. Church On The Hill
11. ヒグラシ
12. Crush On You
13. Three Funk Bears
(encore) 
14. アステカ

さて。
開演前は、「今日はちょっとアダルトに演奏したい気分……」と
おっしゃっていた長谷川さんに、
「ふーん(゜-゜)……ふーん。ふふふ」なワタシでしたが、
案の定フタを開けたら、どこ吹く風。
セットリストの割にはアタックの嵐で、
「コーチ、もうダメです!!!」(笑)。

マンモスから、流星雨、クラッシュと、トンデモアグレッシブ!
なんだけど、ブラシを使った「街の灯」にジワる。
あぁ、大人になったのかしら、ワタシ。

と!ところが終演後に伺ったら、今日はちょっとだけお疲れ気味だった
とのこと……。
う……うん……大丈夫(*_*;。誰にも気づかれてないっす、そんなこと。

あ!是方さんのバースデーケーキ、ありがたくいただきました~。
ほろにがキャラメルクリームのショートケーキでした。
夜食べるケーキって、なんておいしいんだろうっ!
ごちそうさまでした。




やっぱりROCK UNIT、最高だ―!!!!!

ログイン
ユーザー名: パスワード:

パスワード紛失
スタッフブログ - アーカイブ